リモートに便利?レンタルスペース活用法

>

レンタルできるスペースのタイプ

この記事をシェアする

ワークスペースのタイプ

リモートワーク向けのスペースとしてレンタルできるものには様々なタイプがあります。
壁で隔てられ、完全に個室になっているタイプや、仕切りの無い、オープンなスペースで他の利用者と交流しながら作業できるコワーキングスペース。
あるいは、そういったオープンなスペースの中でも、席ごとに仕切りがあるブースタイプ、そして、複数の人数で個室を借りる貸会議室タイプ等です。
コワーキングスペースの様なものであれば1時間の利用料は抑えめになり、ブース、ボックス、完全個室と、次第に料金は上がって行く感じです。
継続的に、また、長時間利用することを検討している場合は、料金も重要になってきます。
連日利用する場合、料金の割引をしていることもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。
目星をつけたスペースの運営会社に問い合わせしてみるのも近道かもしれません。

仕事の内容やワークスタイルによって

従事している仕事の内容によっては、スペースのタイプを選ぶときに注意しなければならない場合もあります。
コワーキングスペースは、他の利用者とコミュニケーションを取ることができるというメリットがあります。
他業種の方との会話の中で、自分の仕事に生かせるヒントを見つけることができたりする場合もありますが、逆に、機密情報や個人情報を扱うようなお仕事をしている場合は、席を外したりしている時に、情報漏洩などにつながる場合もあります。
PC画面の管理は徹底しておく必要があります。
重要な情報を扱っている場合は、世情できる完全個室の方が向いているかもしれません。
また、Web会議や打ち合わせの頻度の高い作業の場合も、オープンなスペースよりも個室向きでしょう。